仲働きを使いすぎて小児の不自由が見れなく向かう悲惨な第三国駐在奥さんたち

東南アジア等の物価の安い領域における国外駐在女子起こる起こるの一つに、「メード依存」があります。クレンジング、洗濯、皿洗い、ベッドメイキング、ディナー、そして子守まで何から何まで低給料でメードができるからです。自分の代わりにファミリーや子育てをやってくれる有というのは、女子にとっては非常にありがたい有ではありますが、それに甘えてしまい、結構「メード依存」になってしまい傾向です。中でも、乳児の苦痛という就業は非常に使える代物。ベイビーを些かあやしてもらう、乳児のゲーム相手になって買う、乳児の幼稚園の送迎をめぐって貰う等。これらは適切メードの就業なのです。そのため、国外駐在女子の多くはメードのいる間は、極力メードに子守をお願いすることが非常に多いです。自分の乳児は可愛いとはいえ、毎日ますます標的をするのはプレッシャーですし、何より自分の日にちが欲しい代物。メードに子守をお願いするためそれらが解消する結果、エクストラで給与を払ってでも子守をさせようとする人は多いのです。しかしながらこれはまずまず危険な仕打ち。と言いますのも、そのライフスタイルに慣れてしまうと、日本に帰った際に第三者と同じように子育てをすることができなくなってしまう。メード任せで洗いざらいお願いしていたことを全般自分でやらなければならなくなる結果、あっという間に現実に突き落とされてしまうのです。本当に、メードにたのみすぎた収益、日本で子育てが難しいなんて人は多いです。ただしそれは非常に悲しいこと。メードによることは決して悪いことではありませんが、あくまでもメードは自分の「召使い」。いずれ駐在女子を卒業する人にとっては、メードは飽くまで一時的に手当をして貰う人なのであって、ライフ全般を任じる有ではないのです。行く先先行き、国外駐在女子になる人は正邪メードは上手な社交を通してくださいね。www.tahmara.com